雨の日も晴れの日も、僕ら。

日々のあれこれを綴りながら、楽しく生きたい。 

ワタシを煮びたして。

 

  

ナスの煮びたし簡単バージョンを作りました。

 

スーパーでナスをみたら

ナスが「ワタシを煮びたして!」

と言っている気がしたから。

 

f:id:Emily-Ryu:20190605192420j:plain

 

ナスを揚げないし、煮ないやつ。

 

たてに薄く切ったナスを多めの油で焼いてお皿に盛り

熱々のうちに、めんつゆと水とチューブのショウガを

適量混ぜたものをかけて、ねぎをのせ

ラップをかけて放置しておいただけです。

     ナスが「煮びたしてはくれないのね・・」と

              言っていたかも・・。

 

美味しくできた☆

普段、ナスはキライ・・と言っているMたんも

美味しいと言って食べてくれました。

 

クックパッドのおかげで簡単に作れて助かるなー。

 

 

 

4月にコチラの記事を書いていたのだけど

 

emily-ryu.hatenablog.com

 

今日、やっと、「もものかんづめ」を

読み終わりました。

  

もものかんづめ (集英社文庫)

もものかんづめ (集英社文庫)

 

 

実はとちゅうまで読んでから放置して

すっかり忘れていた・・・。

時々、思い出したけど、読まずにさらに放置して

でも、最後まで読まないのはいやなので

今日、読みました。

 

やっぱり、あまりすきじゃなかったし

読んだから何か変わったということもない気がする。

 

でも、最後の「巻末お楽しみ対談」はちょっとおもしろかったし

この本のおもしろさがわからないあたしは

ちょっとつまらないな・・って思った。

 

それで実は、「海と山のピアノ」も

まだ読み終わっていない・・・。

 

海と山のピアノ (新潮文庫)

海と山のピアノ (新潮文庫)

 

  

あれ?あたしは読書がすきなんじゃなかったのか?って

自分を疑うくらい

ここのところ、本を読む気がしなかったの。

 

だけど、「空色の小鳥」だけは

本屋に行くたびに探したし

そのたびにみつからなかった。

 

空色の小鳥 (祥伝社文庫)

空色の小鳥 (祥伝社文庫)

 

 

それでとうとうAmazonで注文しました。

ちょっと、時間のかかるものと一緒に注文したので

まだ、手元にはないけど

今月中には読めるかも。

 

届くまでの間に「海と山のピアノ」を

読み終わるぞ。

読書が好きなあたしよ、帰ってこい。