雨の日も晴れの日も、僕ら。

日々のあれこれを綴りながら、楽しく生きたい。 

考えても考えなくても。

 

土曜日から1泊で実家に行っていました。

 

日曜日にKるんの行きたい大学の1つで

オープンキャンパスがあって

一緒に行くことにしていて

土曜日にKるんとMたんが別々のライブを

観に行く予定があったので

 

じゃあ、あたしは実家の様子を見に行って

夜は3人で実家に泊めてもらい

日曜日にオープンキャンパスに行こうという計画でした。

 

大学は自宅と実家の間にあり

実家から行くほうが近いのです。

 

10連休には実家に行けなかったので

ちょうどいい機会でした。

 

f:id:Emily-Ryu:20190527123219j:plain

鈍行でゆっくり行きました。

 

これはあたしの脚に挟まれるスーツケース。

このとき ↓ 代わりにきたブルーの子です。

 

emily-ryu.hatenablog.com

 

行きは、3人一緒に家を出ましたが

Kるんとは宇都宮で別れ

Mたんとは上野で別れました。

 

15時過ぎに3人分の泊まり用荷物を抱えて

実家に到着しました。

 

女子の泊り道具って、なんやかんや多いんです。

1泊だろうが3泊だろうが持っていく化粧品や

髪の毛をセットするのに必要な道具の数は変わりません。

 

ヘアアイロンは用途別に2本あるし・・。

  1本はみんな使うけど、2本目はKるんだけしか使わない。

 

そして学生ゆえに筆記用具も多目だし

大学には制服で行くのでローファーも持ったから

スーツケースの他に大きめのカバンもありました。

 

駅から実家まで10分ちょっとあるので

暑かったし重かった・・。

 

実家では

「あなたが来たらやってもらおうと思ってた」

という仕事があって、それをありがたくやらせてもらいました。

あとは、近況報告をしあって、夕飯の買い物に行って

夜に子どもたちが合流して、夕飯食べて、お皿洗って

あっという間に半日終わっちゃった。

 

日曜日は、朝8時過ぎには出発しなくてはいけなかったので

自分たちの使ったものを片付けて

前回はタオルやシーツなどの洗濯もしてから帰ったけど

母の腕がだいぶ動くようになって

洗濯は大丈夫というから、そこはお願いしました。

 

行くと少なからず仕事を増やしてしまうことが

申し訳ない。

 

でも、喜んでくれるし

また、手伝いにくるって言ったら

以前の元気なときだったら

「いいよいいよ、あなたにはあなたの生活があるから。」

と言っていた父が

「はい、またよろしく。」

と言ってくれるので

ああ、また行こうという気になります。

 

 

大学のオープンキャンパスというものには

行ったことがなかったけど

結構、楽しかったです。

 

アンケートとかスタンプラリーをやると

記念品がもらえるのですが

Mたんが、1人であちこち歩きまわって

スタンプを集めてきてくれました。

Mたんの進学したい学部はない大学だったので

全然関係ないけど、まあ、雰囲気を楽しんでました。

 

でも、Kるんは

同年代の人間がたくさんいる状況が苦手で

具合が悪くなって早く帰りたいと言っていて

学校説明と入試説明と

詳しい入試説明を聞いたらもう限界。

 

行く前はとてもウキウキして

良い学校だといいなーって言っていたのに

やっぱり通える気がしない・・・

という気分になってしまい

予定より早めに帰ることにしました。

 

でもちゃんと面接申込みはしてきました。

それをしないと受験できないそうなので

ひとまず、気分は置いといて

提出するものは提出しました。

 

 気分はこれからなんとか立て直していきます。

 今日もちょうど、カウンセリングの日だったので

 少し相談して、よいアドバイスをもらえたらしい。

 

大学をあとにして電車に乗り

乗り換えで浦和駅のホームに行ったら

こんなベンチがありました。

 

埼玉スタジアム2002の芝を再利用したエコベンチです」

って書いてあります。

 

えーどうやって、なかの芝生を緑に保っているのかな。

不思議ー。

f:id:Emily-Ryu:20190527195250j:plain

 

しかし、昨日は暑かった。

浦和駅スマホの天気情報をみたら34℃。

真夏だ・・・。

 

f:id:Emily-Ryu:20190527200025p:plain

  

今日も同じくらい暑かったです・・。

5月に連日猛暑なんて、厳しいですね・・。

 

 

実家はすごく遠くもないけど、近くもないので

毎週や毎月行くとかは無理なんだけど

これからも今回みたいに

何かに絡めてちょくちょく顔を出して

手伝ったり、話し相手になったりしよう。

 

今回、とても胸に刺さったのが

「98歳で亡くなったおじいちゃん(父の父)と

同じ歩き方になっちゃって、20歳も早く老けちゃったということよ。」

という、父についての母の言葉で

 

あたしは単純におじいちゃんも実は同じ病気だったのでは?

って思っていたのだけど

そうか、病気のせいで、父が20歳早く老けたということか・・

と思ったらなんだか急につらい。

 

そういう状況は本人もとても心がつらいだろうから

できるだけ明るい話題を振りまいて

楽しく過ごしてもらいたい。

 

 

進学も病気も老いも難しいテーマだなー。

家族ってどうすればいいのだろう。

何が正しくて何が間違っているのか

考えると不安だ・・。

だからといって、考えないのも不安だ・・。