雨の日も晴れの日も、僕ら。

日々のあれこれを綴りながら、楽しく生きたい。 

議長、緊張。

 

昨日はPTA総会でした。

中学校も高校もどっちもです。

同じ時間帯なのでどちらかにしか出席できませんが

どちらかというと高校のほうが大事かなと思って

中学校のほうは欠席しました。

 

もちろん欠席届は出していましたが

1週間前に中学校の担当の先生から連絡があって

1月に決めた新役員さん候補の方々を

 

emily-ryu.hatenablog.com

 

総会で発表していただきたい。

と依頼されました。

そんなお役目があったとは聞いていませんでした。

 

しかし、元々、知らされていたとしても

やっぱり高校のほうに出席する立場だと思ったので

 

高校のPTA総会と重なっていて

そちらに出席するので、欠席届を出したのですが・・。

と申し出ると

 

それならば仕方ないと言ってはもらえたのですが

代役を立ててくださいとも言われ

副委員長さん2名のお名前と連絡先を告げられて

決まったら連絡ください。

と言われました。

 

そういうことかーと思いましたが

仕方がない。

自分が出られないのだから

お願いしてみるしかないと電話したところ

 

2名とも仕事の都合で欠席の予定でしたが

そのうちの1人の方が、自営業だから

どうしてもというなら、と言ってくださって

謝罪しつつ、感謝しつつ、お願いして

なんとか出席していただけることになりました。

 

そして、あたしは高校のほうで

当日は受付係になっていたのですが

2日前に副会長のBさんから連絡があって

 

議事の議長をする予定の役員さんが

急用で参加できなくなったので

代わりに議長もやってもらえませんか?

と言われ

 

他の役員さんはみなそれぞれ

議事のなかで報告事項を抱えている立場だったので

そういうことならと引き受けました。

 

前日に台本をいただいて

このとおりに進めればいいだけだから

という言葉を信じ、何回か練習して

いざ、本番。

 

始めはいい感じにできていたのですが

とちゅう、台本には書いていない

イレギュラーな事柄が起こり

そこをなんとかうまく乗り切った!

と思ったとたん、1つ議案を飛ばして

次のセリフを読んでしまったり

  すぐに気が付いて訂正しましたが・・。

 

次にまたイレギュラーな事柄が起きたら

今度はそこで自分がどのセリフを言えばいいのか

混乱して詰まってしまったりと

うまくいったなーとは思えないできでした・・。

 

1月には、台本があればとか

段取りがわかっていればとか

次はちゃんとやるのにとか

思ったりしたのですが

 

台本があってもこの有様だよ・・・。

 

終わってから

ほかの役員のみなさんが

難しいよね・・とか

混乱するよね・・とか言ってくださったので

あまり凹まずにいられました。

 

「あの場面で、ちょっと和んだ♡」とまで言ってもらって

それはあたしを励ますためだけの言葉かもしれないけど

その言葉にとても救われました。

みなさんに、感謝です。

 

これで、本当に全部終わったー。

 

あ、中学校の育成会の引き継ぎ資料を完成させて

次の会長さんにお届けするのがまだだった・・。

今月中にやらなくては。

 

最後までドタバタしたけど

やっぱり人生、助け合いだなーって思って

周りの方々に感謝です☆

 

しかし、ちょっとな・・って思うことも

ありました。

それは高校の卒業式のことで

emily-ryu.hatenablog.com

 

あたしは3月の始めから2週間の間に

中学校と高校の大事な行事だけで6つ抱えていて

それに全部参加することは不可能と思い

中学校のPTA総会と

高校の卒業式に役員として出る

というものを欠席しました。

 

しかし、高校の役員さんのなかには

卒業式に役員が出席しないなんておかしいでしょ

と思った方もいらしたようで

 

当日欠席したあたしを含む3名を

なんという無礼者!という気持ちでいらしたのか

昨日、顔を合わせるなり副会長のTさんに

「卒業式はどうしたの?」って

不機嫌そうに言われました。

 

招待状は欠席で出し、先生にもお会いしたときに直接

申し訳ありませんが欠席しますと伝え

先生も笑顔で、「大丈夫ですよ。」

と言ってくださっていたので・・と言ったところ

 

「でも、役員なんだから

卒業式は出席するものよね?」

と言われ

 

「だいたい、副会長のBさんは卒業式には来たけど

このあと仕事があるからすぐ帰りますと言って

態度が悪かった。こっちは仕事を休んできているのに

あれはない。」

と他の方に対するもんくまで言われ

「・・・・・・。」

という感じでした。

 

その場はそれで終わって

そのあと、会長さんがみえたので

「卒業式の日はすみませんでした。」

と言ったら

笑顔で「いえいえ、大丈夫よ。」って

言ってくださいましたが 

これはどう受け止めたらいいんだろう?

 

会長さんも本当は「なんで出席しないんだ!!」

と怒り心頭のところを、顔には出さずに

「大丈夫。」と言っているのか

会長さん自身は本当に気にしていないのか・・。

 

そもそも、無理のない範囲で活動していただければ

と打診されて

それならばと思って引き受けた役員で

 

どう考えても2週間の間に学校関連だけで

6つの行事は無理だし

中学校の卒業式とMたんの制服採寸は外せないので

一番、外しても迷惑をかけないと思われるものを

欠席したのに。

この1年間で、高校の行事を欠席したのは

それ1つだけなのに。

 

高校の卒業式の日に何か役割があるのなら

重要度も変わってくるけれど

来賓としてただ座っているだけなのだから

欠席しても誰にも迷惑をかけないのでは?

 

だから、先生も

大丈夫と言ってくれたのでは?

 

「出席するものでしょ?」

という個人の考え方だけで批判されても

受け入れられない。

本当に全員の出席が必要なら

そういう規約や、依頼の手紙があったり

中学校の総会のように代役を立ててと言われるはずだ。

 

仕事を休める人もいれば休めない人もいるし

自営業の人や在宅ワーカーだって

いつもいつも都合をつけられるわけじゃない。

 

それをみんなで助け合って補い合って

やっていけばいいんじゃないの?

って思うのですが。

 

役員の仕事にやる気を持って

熱い気持ちがあるのはとてもいいことですが

みんな条件が同じわけではないので

それぞれの事情のなかでそうなったということも

考えてほしいです。

 

でも、ほとんどの役員さんは

みんなで助け合ってやればいいという感じの

雰囲気だったし

これはできないけど、これはやりますみたいに

ちゃんと役割を果たそうとする人ばかりだったので

とても活動しやすかったです。

 

Mたんが高校に入学すれば

また何か引き受けることになるのかもしれないけど

その場合はまた

助け合ってやりましょうという雰囲気だといいな。

 

ひとまず、Kるんのほうは全部終わったので

あたしはまた、階段を1段上ったんだ。

頂上が近くなるー♬

 

 

emily-ryu.hatenablog.com