雨の日も晴れの日も、僕ら。

日々のあれこれを綴りながら、楽しく生きたい。 

年末から年始にかけてのいろいろ。

 

明日締め切りの案件が終わったー。

明日は久々のお休みだー。

 

子どもたちは明日から学校なので

1人でのんびりだわ。

絶対、本を読む!

 

 

年末、バタバタと掃除して

30日に、クルマであたしの実家へ移動しました。

 

18時ごろ着いて、すぐにカナッペを作り始めて

両親が頼んだお寿司と、兄家が頼んだピザが届き

19時から会食でした。

 

兄家の長男は7歳で

元気いっぱいのわんぱく小僧なので

振り回したり、おしくらまんじゅうをしたりして

遊びました。

 

途中、和室に自分たちが使う布団を敷きに行き

Mたんとばーばとわんぱく小僧と4人で

シーツをかけたり、毛布を用意したりしました。

 

ばーばとわんぱくは折り合いが悪いらしく

ばーばがああ言えば、わんぱくが言い返し

わんぱくが何かすれば、ばーばがけちをつける

といった具合で、70近い歳の差がありながら

対等にやり合う姿にあきれながらも

ニンゲンにはやっぱり気が合うものと合わないものが

いるんだわ・・と思ったりしました。

 

宴会は24時近くまで続き

兄家の3人は帰っていき(近所に住んでいる)

Yッシーはいつの間にか消えて

先に寝ており

 

あたしはそこから食器洗い。

食器洗いは、ばーばの得意分野で

いつも自分がやるから手を出さないで

と言っていたのに

 

実は昨年11月末に右腕を痛め

動かないわけではないけれど

うまく動かせなくなってしまったので

大人数の食器洗いは無理と聞いていたから

あたしの担当となりました。

 

順番にシャワーを浴びたり

仕事から帰った弟が合流したあと

なんやかんやしゃべっていたら

午前3時半になってしまった・・。

あの家にいると時間の流れがわからなくなる。

 

31日は最初の予定では

Yッシー実家に移動する日になっていたけど

29日に電話したとき、じーじが

「あんただけ残って、片付けしていってよ。」

というので

「わかったー。」と言って

あたしだけもう1泊することになりました。

自分の実家に1泊長くいられるほうが気が楽。

 

なのであたしの2泊分の用意だけ

別の鞄で持って行き

他の3人は31日の昼頃にクルマでYッシー実家に移動し

あたしは1日に電車とバスで移動することにしていました。

 

31日は自分たちが使ったシーツやバスタオルなどを

洗濯機で回し、外に干す作業。

これもばーばができなくなってしまったし

じーじは難病で動きがスローリーになっているので

少しならできるけど大人数分は無理ということで

その作業のために残ったのでした。

 

他にもなんやらかんやら手伝って

お仏壇や神棚の掃除も、2人とも

動作がおぼつかないためにできないでいたので

本来、31日にやってはいけないことらしいけど

そんなことは言っていられないので

せっせとやりました。

 

同居している弟はなかなか仕事が忙しく

家のことを細かく手伝うことはできないようで

灯油を運ぶとか、どうしてもできない力仕事は

頼むけど、日常の細々したことは

なんとか2人でゆっくりゆっくりやってきたらしい。

 

なので、年末にあたしが登場したことは

よかったみたいで、しきりに感謝されました。

 

そのまま31日の昼食、買い物、夕食、片付けなど

普段、家でやっていることを

実家とはいえ、他の人の家でやるのは慣れないけれど

家にいるときよりも、せっせとこなしました。

 

そして、ジャニーズカウントダウンも観たし

よし、今日は早く寝ようと思って

時計を見たら、まさかの午前3時。

あの家の時計はおかしいのかな?

 

1月1日は、お雑煮を作りましょうということで

ばーばが横に立ってあれはこう

これはこうと指示を出すので

それに従って準備して

お雑煮とかんたんなお節料理を並べ

あけましておめでとうございます、となり

 

元旦から洗濯機は回さないと知ってはいても

やっていかなければ困ってしまう2人なので

再び洗濯機を回して干す作業。

その他、片付けや掃除なども一通り済ませました。 

 

夕方にはMたんと

帝劇にグッズを買いに行く約束だったので

14時半ごろに実家を出て電車とバスで移動。

15時半ごろYッシー実家に着きました。

 

 

2日は午前中から初詣に行くチームと行かないチームに分かれ

あたしは行かないチーム。

行ったら絶対疲れちゃうから。

 

YッシーとKるんは行きました。

Mたんは合格のお守りが欲しいから行く

と言っていたけど

おかーさんが行かないなら行かないと言って

行かず、「わたあめ買ってきて。」と

おとーさんに頼む。

子どもか。

 

昼には、姪っ子21歳がラーメン食べに行こうと

Mたんを誘い、Mたんも行くというので

2,000円(イチゴ代+ラーメン代の足しに)を姪っ子に渡し

帰りにカナッペ用のイチゴを買ってくるように頼む。

自分はもう動きたくない。

 

13時ごろ初詣チームが帰宅して

美味しいお土産を買って来てくれたので

チョコクリーム入り今川焼を食べました。

甘かった。

 

おとーさんはMたんに、わたあめと

合格のお守りを買って来てくれました。

 

16時から夜の部を開始するというので

15時からカナッペ作り。

夕飯のメインは焼肉だったので

焼肉の強さに負けて、甘い系以外のカナッペは

存在感が薄かった・・・。

まあ、いいんだよ。

美味しかったし、作ったことに意味がある。

 

こちらの実家ではいつも

食器ばかり洗っている印象だけど

今回はYッシー姉とYッシー妹が大活躍で

あまり食器を洗わなかったな。

 

そしてお風呂が終わって、

もう寝るだけと時計を見れば24時。

そうそう、これがだいたい

いつもどおりの時間の流れよ。

やっぱり、あっちの家は、おかしいわ・・。

 

そして3日の午前中にYッシー実家を出て

途中でお土産を買ったり

お昼を食べたりして帰ってきました。

 

ちょっと忙しすぎて

あまりお正月を感じなかった。

 

でも毎年こういう流れでいいなって思った。

お正月は自分の家のお雑煮とお節を食べたいし

自分の両親と過ごしたい。

 

今までそういうことはあまり思わなくて

嫁は旦那の実家のあれこれをするものだ

ぐらいに思ってきたけど

親がいろいろできなくなったら

やっぱり、どっちかといえば、こっちを大事にしたい

という気持ちが芽生えた。

 

もうあと何回お正月を迎えられるか

わからないもんなー。

 

 

 

そして4日から仕事を始め

Mたんの冬期講習もあったし

5日は入試で早起きだったし

そのまま昨日も今日も、ずっと仕事と家事に追われ

 

今日はKるんのカウンセリングの日だったので

病院も行き

待合い室で1時間半ほど読んだ本が

少し読んだだけで、1年以上放置していたこちらの本。

 

エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談 ---憑かれた鏡 (河出文庫)

エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談 ---憑かれた鏡 (河出文庫)

 

まだ読み終わっていません・・。 

1話がちょっと難しくて進まずにいたのが

だんだんおもしろくなってきたところです。

 

明日はお休みだから

読み進めるぞ!!

 

あ、昨日の夕飯はチーズフォンデュをして

いい感じの写真が撮れたので

載せておこう。

f:id:Emily-Ryu:20190107215307j:plain

 

ただ茹でただけ、ただ焼いただけで

美味しいっていいわー。

    チーズは写ってないけどね・・。