雨の日も晴れの日も、僕ら。

日々のあれこれを綴りながら、楽しく生きたい。 

人生って。

 

休みがなくて疲れてるー。

ちょくちょく昼寝はしてるけど

夜から朝までまとめて寝たい気分。

でもあんまり早寝はしたくない

っていうわがまま・・。

 

だって

昼間の1人の時間より

なぜか夜中の1人の時間のほうが

集中できる気がするのです。

 

昼間できればそりゃー都合がいいけど

そう都合よくいかないのが人生さ・・。

 

 

今日はMたんは模試で

Kるんは英検の二次試験でした。

 

模試は自転車で行けるけど

英検はクルマで送らないと行けないから

送りました。

 

前回は買い物して待っていたら

予想外に早く終わって

慌てちゃったので

 

今回もきっとすぐ出てくるでしょと思って

どこにも行かず待ってたら

出てこない・・・。

 

結局1時間以上駐車場で待ちました。

会場に入ったらスマホは使えないから

なかから連絡はもらえなくて

 

暇だからどこかに行きたかったけど

あまり知らない地域だから

道もよくわからないし

結局、待つしかありませんでした。

本でも持って行けばよかったわ。

 

やっと出てきたKるんは 

「今回は難しかったから

受からないかもー。」

と言っていました。

 

そしてクルマのなかで

制服からバイトのユニフォームに着替えて

そのままバイト先に送りました。

 

今日は11時から17時までバイトで

偉いなーという感じ。

 

あたしなんて忙しい忙しいと言いつつ

昨日と今日でしたことと言えば

観たり待ったり運転しただけなので

疲れたとか言ってちゃいけないな・・。

 

まあ、言うんだけど。

 

午後はちょっと仕事して

今は認知症の方に

インタビューをしているものを

文字に起こしていて

何かの研究に使われるらしいのだけど

 

それを聞きながら

もし、あたしが認知症になったら

こんなに楽しそうに話すのは

どの時代の何の話だろう?と

考えてしまいました。

 

そんないい話、持ってるかな?

 

違う話を振っても

必ず同じ話に戻って

何回も何回も同じ話を始めてしまうので

インタビュアーもだんだん

苦笑いで、ああ、またそれか・・

みたいになってきて

 

そういう雰囲気って

ご本人にも伝わってるんじゃないかな

って思うと、ちょっと気の毒だった。

 

変な話をしてるつもりはないのに

周りの反応が微妙って怖いでしょう・・。

 

そういうこともわからないくらい

重い認知症だったら

逆に救われるな・・って思ったりもした。

 

自分の子どもの頃の思い出や

うれしかったことを

語っているだけなのに笑われて

人生ってなんだろうな・・。

 

長く生きるって幸せなのかな?