雨の日も晴れの日も、僕ら。

日々のあれこれを綴りながら、楽しく生きたい。 

今日はなかなか。

 

やっぱりなんか

来てしまう、ここに。

 

好きなんだ、書くのが。

知ってたけど。

 

なんか365ってなったら

次の日は休んで

そしたらきっと1に戻るから

 

そしたらもう記録とか関係ないから

気楽に書いたり書かなかったり

できるんじゃないかと思ったの。

それでそうしたかった。

 

366、367と続いたら

せっかくここまで続けてきたから

休むのもったいないな・・とか

思っちゃって

 

そんなこと思いながら続けるのだけは

絶対いやだと思ったから。

 

でも書いちゃうんだなこれが。

あとちょっと我慢すれば

明日になって

今日は書かなかったことになるし

 

なんならこれを予約投稿で

明日投稿すれば

今日は書かなかったことになるのに。

 

やっぱり書いて投稿しちゃうもんね。

全然内容なんかないくせにさ。

 

 

 

 

昨日、「弦のないハープ」を再読して 

弦のないハープ またはイアプラス氏小説を書く。

弦のないハープ またはイアプラス氏小説を書く。

 

 

あたしももっと

お話を書きたいと思いました。

 

この本の内容は

アプラスという作家が「弦のないハープ」

という小説を書いて出版するまでの

いろんなことを書いたお話です。

 

現実というよりは妄想で

小説を書くにあたって参考になるか

と言ったらまるでならないと思うけど

とてもおもしろい本です。

 

 

いつかあたしも

「今日はなかなかはかどった。」なんて

ツイートしてみたいものだわ。