雨の日も晴れの日も、僕ら。

日々のあれこれを綴りながら、楽しく生きたい。 

うさぎとくまとスヌーピー。

 

 

 

もうすぐ中学校で立志式

というのがあって

 

この行事は

あたしが中学生時代には

なかったけど

 

最近は中学2年生でやる学校が

多いみたいです。

 

生徒たちが将来の夢などを発表して

親とお手紙交換などをします。

 

もっと明確な趣旨があると思うけど

ちょっと忘れました・・。

元服がどうとか・・

忘れました・・。

 

夕飯のあとは

そのお手紙を書きました。

 

Mたんが

「感動するような手紙は書かないで。」

と言うので

おもしろい感じに書きました。

 

最後に下手っぴーな

うさぎとくまとスヌーピーの絵を

描いてみました。

 

うちでは定番の絵です。

何か動物を描いてと言われたなら

必ず

うさぎかくまかスヌーピーです。

 

あ、ここでは披露しませんよ

ほんとに下手だから。

 

Mたんも今日学校で

手紙の下書きをしたらしいけど

 

「とちゅう、ちょっとうるっと

くるかもしれないけど

そのあとすぐおばかエピソードを

書いたから

出かかった涙が引っ込むはず。」

と言っていました。

 

楽しみ☆

 

Kるんの立志式のときも

手紙を書いたので

Mたんのときがきたら参考にしようと

写真を撮っておいたのですが

 

出だしの

立志式おめでとうございます。」

だけ同じにして

あとは全く違う内容になりました。

 

Kるんのときは結構硬い内容で

まじめに書いたけど

 

その内容では

Mたんにまったく合わないのです。

 

そして

参考に撮っておく必要なんてなく

Mたんとの14年間を思って

書き始めれば

 

どんどん書けるもんだなと

気付きました。

 

幼稚園を卒園するときにも

親からお手紙を書くっていうのがあって

 

そのときも

Kるんのときの手紙を撮っておいて

それは丸々参考にしたんです。

ほぼ同じ。

 

あとで大きくなってから

引っ越しのときに発見して

子どもたちに「同じじゃん!!」って

言われました・・。

 

だから今回もと思って

撮っておいたけど

必要なかったです。

 

当たり前だけど

成長して

同じ言葉では表現できない個性が

それぞれに出てきた

ということなんですね。

 

まだ14年しか生きてないけど

いろいろあって

いろいろ乗り越えて

たくさん笑っての、今なんだね。

 

どんな手紙を書いてくれるのか

楽しみだな☆

 

おばかエピソードでも

笑いながら泣ける自信がある。