雨の日も晴れの日も、僕ら。

日々のあれこれを綴りながら、楽しく生きたい。 

過去を引きずってんの。

 

今はスマホ以外で写真を撮ることなんて

全然ないんだけど

 

前は写真を撮るのが好きで

就職して初めてのボーナスで

一眼レフのカメラを買ったの。

 

うちは父方の祖父が

フィルム関係の仕事をしてたからか

祖父も父もおじさんもカメラ好きで

なんか自然とそういう流れが来てたのかも。

 

兄は映像のほうにいって

高校で映画撮ったりしてた。

 

それであるとき

祖父に自分のお気に入りの

良く撮れたって思う写真を

見せたら言われた。

「カメラが良いからね。」

 

そうだけど・・・。

 

それからあまり撮らなくなったかな。

子どもの成長記録的な

写真は撮ったけど。

 

それまで祖父のこと

結構好きだったし

尊敬してたけど

 

あんまり好きじゃなくなった。

 

褒めてほしかっただけかもしれない。

 

だけど

「いいじゃない。」って言われても

うれしかっただろうけど

 

「ここはもっとこうだったら

もっといいんじゃない?」

とかでも、きっとうれしかった。

 

「どこで撮ったの?」

とかでも、きっとうれしかった。

 

「カメラが良いからね。」って

全否定じゃんって思って

あたしになんか興味ないんだなって思った。

 

最近

はてなのグループの

「写真」のところで

いろんな人の撮った写真を見てるの。

いいなぁやっぱりって思う。

 

きっとみなさん

良いカメラ使ってると思うけど

だからいいわけじゃないでしょ?

 

いろいろ合わさっていい写真が

撮れたんじゃないの?

 

カメラが良ければ

誰でもいい写真が撮れちゃうの?って

 

もう昔のことなのに

あたしまだ引きずってるなぁって

思った。

 

デジタルのトイカメラ欲しいな☆