雨の日も晴れの日も、僕ら。

日々のあれこれを綴りながら、楽しく生きたい。 

夏休みの宿題に追われる。与えたいのは安心感。

 

夏休みの宿題って

手伝いますか?

 

子どものころ

手伝ってもらいましたか?

 

あたしはね

手伝ってもらったし

子どものも手伝う。

 

夏休みのワークみたいなのとか

ノートに毎日2ページみたいなのは

自分でがんばって!って

感じなんだけど

 

感想文、習字、自由研究とかは

ほっとくとやらないし

やりたくない気持ちもわかるし。

 

感想文なら

一緒に本を買いに行くとか

自分も読んで書き方のヒント出す

とかするし

 

習字なら

先にあたしが書いて

ここのバランスが難しいねとか

ここに注意しようとか

アドバイスするし

 

自由研究にいたっては

ほとんどやる・・・。

だって、時間ないんだよね

子どもって。

 

毎日部活だし

夏期講習だし

問題解く系の宿題だけで

結構時間取られるじゃん。

 

自由研究を考えて

実験して

考察して

まとめて

レポート書く時間とか

ほんとないから。

 

ここ数年、毎年

実験して考察してまとめてるね。

 

子どもは実験ちょっと一緒にやって

あとはレポート書くだけみたいな。

 

考察も全部あたしが考えたやつ

説明してあげるみたいな。

意味わかった?大丈夫?って。

 

あたし大学行って卒論書いたのは

このためだったのかなって

毎年思うもんね。

 

それで賞とったりしちゃってね。

子どもは喜ばないけど

あたしめっちゃ喜ぶみたいな。

ちょっと楽しんでる♬

 

でも子どもが置き去りかって言うと

そんなことないし

子どもがやりたいと思った

内容じゃないと

意味がないから

 

あたしがいろいろ調べて

こんなのいいんじゃなーいって

思っても地学系は嫌いだから

やりたくない・・とか

言われて

あ、そ、また、考えます・・・

みたいなね。

 

今日もそんなやり取りの末

やっと決まったー。

必要なものは買ってきた。

明日は実験するよー。

 → もう日付変わったから

   今日なんだね・・。

 

もうね

今週で夏休み終わりなんで

結構やばい。

あせる。

 

高校生は勉強系以外の宿題が

ほとんどないから助かるよー。

習字とか自由研究とか

2人分手伝うのは

ほんと大変だったからー。

 

 

学校送って行ったり

宿題手伝ったり

なんて子どもを甘やかしてるんだ!

って思うだろ?

 

大丈夫。

それでもちゃんと生きて行けるからー。

 

あたしも工作手伝ってもらったり

高校によく送ってもらったり

してたけど

 

なにもできない

大人になんてなってない。

 

嫌いなひとがいるぐらいで

動けなくなる自分でも

おかーさんは助けてくれるとか

 

手伝ってもらったけど

全部終わったっていう

 

安心感を子どもに与えたいんだよ。

安心感をいっぱい持ってたら

ひとはどこまでも行けるって

思うんだよ。