雨の日も晴れの日も、僕ら。

日々のあれこれを綴りながら、楽しく生きたい。 

この本を読みました。行ったことある場所が出てきて、あたしもそれ触った♪って思った。

 

先日買った2冊目を読みました。

どなたかが紹介されてて

あたしも前から気になってた本。

  

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

 

  

読む前は

この衝撃的なタイトルは

何かの比喩かなって思ってて

5ページ目でいきなり意味が分かって

そういうことかーって思った。

 

前半は正直、ああ、この本

あたしの苦手な感じかもーって

思って、なかなか読めなくて

 

でも、この本も人気らしいから

きっとおもしろいはずって思って

なんとか読み進めました。

 

途中からだんだん

引き込まれて

結局、1回は泣くみたいな。

 

悲しいけど

笑顔になれる

そんな終わり方でした。

映画もDVDになったら借りて観たいな。