雨の日も晴れの日も、僕ら。

日々のあれこれを綴りながら、楽しく生きたい。 

3時間続いた雷も、気付けば通り過ぎ、太陽が出てきました。

今日は3時間ぐらい

ずっと雷が鳴ってるー⚡

 

先日、BOOKOFFで買った本

読み終わりました。

途切れ途切れに読んだので

時間がかかったー。

 

 1冊目はこち

 

陰日向に咲く (幻冬舎文庫)

陰日向に咲く (幻冬舎文庫)

 

これが出たとき

読みたいって思ったけど

なんか読まずにいて

たまたま目に入ったので。

 

この本も先日読んだ「骨を彩る」と同じ

つながってる系なんですね。

 

読み始めたら

あたしの好きな感じじゃなくて

どんどん読みたくなるような

疾走感に欠ける気がして

何度も、続きはあとででいいや

って閉じては、また読み

閉じては、また読み。

 

だけど、どのお話も

最後まで読むと

ああ、そうなのねーってなって

まあ、おもしろかったっていう

感想ではあるんだけど。

 

あまりに途切れ途切れに読んだので

つながりが曖昧な部分もあって

これ、さっきのあの人か?と

思うんだけど読み返す気にはなれず・・・。

 

 

続きましてこち

 

青天の霹靂 (幻冬舎文庫)

青天の霹靂 (幻冬舎文庫)

 

 

隣にあったのでつい。

 

これも、第一章の終わりまで

70ページくらいは

え、これ、おもしろいのか?

これは買って失敗なのか?

って思いながら

まったく読み進める気にならなくて

スローペースでなんとか

読んだんだけど

第2章に入ったとたんに

あとは一気に読んだ。

おもしろかった♪

 

この2冊なら 

あたしはこっちのほうが

好きかな。

 

この2冊は、どっちも

すごい計算されてっていうか

あそことここがつながってみたいな

細かく考えられてて

こんな作品が書けるって

すごいなって思う。

 

 

もっと本が読みたいなー。