雨の日も晴れの日も、僕ら。

日々のあれこれを綴りながら、楽しく生きたい。 

25年前も大人。

金曜の夜は

2人が時間差で塾に行くから

送り迎えで

バタバタします。

 

帰りにドラッグストアに

寄って欲しいだの

コンビニに寄って欲しいだの

好き勝手言うしね。

 

帰って来て

お風呂出て

ちょっと調べものしてたら

こんな時間だぁ。

 

あたしが子どものころは

おかーさんが

免許持ってなかったから

塾の送迎してくれるなら

おとーさんで

でも

仕事でいないときは

自転車で駅に行って

電車で2こ隣の駅まで行って

そこから

5分くらい徒歩で

通ってたなぁ。

 

帰りが23時とかでも

自転車こいでたわ。

 

それに比べたら

うちの子らの塾は

駅の反対側だから

歩いても10分くらい。

自転車なら

遠回りしないといけないけど

5分くらいで

行けるんじゃないかな。

 

こんなに近いのに

車で送迎って過保護だな。

でも、昔と違って

怖い気もするしねぇ。

 

学校も夜に1人で

出歩かせないようにとか

言うしねぇ。

 

30年前は

平和だったんだね。

遠い昔の記憶ですね・・。

 

 

ところが、最近

ミスチル25周年とか

ウルフルズ25周年とか

耳にしたんです。

 

25年前も

自分、大人だったって

結構な衝撃ですね。

 

まあ、実際、中身は全然

大人じゃなかったし

外見も中学生みたいで

 

大学生の1人暮らしのアパートに

新聞の勧誘とか来て

おかーさんいる?とか

言われてたけどもね。

 

大人と呼ばれるようになってから

25年も経ったのかぁ。

全然そんな気しない。

 

確かにいろいろできるように

なったし

いろいろ受け流せるように

なったし

あたしはあたしって

言えるように

なったけど

 

好きじゃないことを

やりたくないとか言ってるのは

大人じゃない気がする・・・。

 

だけど

嫌なものは嫌なんだーー!!

 

大人ってなんでしょうね?

 

何がどういうふうにできたら

立派な大人になったっていう

ことなんでしょうか。

 

そんなものは

本当はないのかも。

 

あたしは

周りにいる

他のおかーさんたちを

立派な大人だなって

思ったりするけど

 

ココロのどっかで

あたしみたいな、変な

おかーさんも

いてもいいじゃんって

思ったりもする。

 

うちの子らは

おかーさんは

ちょっとおかしいけど

そのままでいいって

言ってくれる。

 

子どもらのお友達も

おかーさん

変わってて

おもしろいねとか

うらやましいとか

言っているらしい。

 

あれ?

立派な大人

目指さなくて良くない?

 

それに 

25年も大人やってるのに

まだなれてないんだから

もう目指してても

なれないんじゃない?